イソフラボンサイト

メインイメージ

大豆の成分イソフラボン

イソフラボンは、大豆の胚芽という部分に多く含まれています。
フラボノイドの一種で、いままでの研究では、15種類の大豆イソフラボンが確認されています。
その代表が、ダイゼイン、ゲニステイン、グリンチンという成分です。

最近の研究では、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするということがわかり、骨粗しょう症や更年期障害、乳がんなどの女性特有の疾患に効果的に作用することがわかっています。
イソフラボンが成人病の予防にも効果的で、イソフラボン関連の研究発表が海外からも次々に発表されました。
アメリカでは、1991年に米国立がん研究所が300万ドル弱の予算を組み、抗がん効果の研究に力を入れています。
欧米では、大豆イソフラボンの研究が盛んに行われています。
それは大豆イソフラボンが、日本人の長寿、女性特有の病気などの発生率の低さの秘密だと確信しているからです。
イソフラボンは葛の根やクローバーにも含まれています。

イソフラボンは女性特有の症状に効果的です。
のぼせ、ほてり、発汗、冷え性、不眠など、女性ホルモンの不足からくる更年期障害の症状全般、肩こり、腰痛、倦怠感などにも効果的です。
牛乳やヨーグルトなどでカルシウムを摂取したとしても、女性ホルモンの分泌が少なくなってくると、骨の中にあるカルシウムは溶け出していって骨はもろくなります。
イソフラボンは、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎます。
骨粗しょう症は、閉経した後の女性に多い病気です。女性ホルモンのエストロゲンが不足するのが原因です。
エストロゲンは、骨から溶け出すカルシウムの量を防ぎ。骨を保護するという役割があります。
また、エストロゲンは、ガンの予防に効果的です。乳がん、子宮がん、前立腺がん、肺がん、胃がんなどに効果的に働きます。
イソフラボンは、血液中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすという作用があるので、動脈硬化の予防に効果的です。イソフラボンには、女性にとって嬉しい美肌効果だけでなく、その他の嬉しい美容効果があります。

イソフラボンは、一日にどれくらい摂取すればいいのでしょうか?
大豆イソフラボンは、大豆を原料とした加工食品などにも含まれています。
大豆の種類や製造方法によって、若干、イソフラボンの含有量は違ってきます。
だいたい、一日に40mg~60mgがいいです。豆腐だと半丁、きな粉なら20g、納豆なら1パック(60g)です。
味噌や納豆等に多く含まれています。味噌や大豆加工食品には大豆イソフラボンアグリコリンという物質が含まれています。
多く取れば、それだけ効果があがるというものでもなく、多くとっても体外に排出されてしまいます。
だから、適量摂取が一番です。